認証について【ラヴェーラ】




ラヴェーラは、ナチュラル&オーガニック化粧品認証機関の厳しい基準を定めたガイドラインに沿って製造、製品ごとに効果効用・動物保護・環境への配慮に関する認定や評価を受けています。



GREEN BRAND

greenbrand_s
国際的なブランドコンサルティング会社インターブランドが毎年公表している、環境保護や天然資源の保全活動を積極的に行う企業・ブランドに贈られる認定。
ラヴェーラでは、環境にやさしい風力、水力、太陽光などのグリー ンエネルギーを利用し、有害な汚水やガス等を排出しない工夫をしています。また、原料となる有機栽培植物の育成にも取り組み、オーガニック農法の発展に貢献しています。このような企業姿勢が認められ、2013年にGREENBRANDの化粧品部門に認定されました。
よろしくお願いいたします。

→ラヴェーラの製造会社 Laverana GmbH のGREEN BRAND認定証



NATRUE

natrue_s
「NATRUE」はナチュラル・オーガニック化粧品に関する厳格な基準の維持を目的とした国際的非営利団体。
配合が認められている原料は「NATRUE」が定めた自然原料・準自然原料・自然同一原料に限られ、製品の製造方法、環境保護、動物保護などに関しても厳しい基準を設定しています。





*ヨーロッパには、自然化粧品の基準として「BDIH」、オーガニックの認定として「エコサート」、
そのほかにも認定機関が多く発足しましたが、さまざまな問題点があり論議を引き起こしていました。
こうした状況を改善するため、自然化粧品とオーガニック化粧品に関する新たな国際的な認証制度の必要性が高まり、
非営利団体『NATRUE』の設立がされました。この『NATRUE(ネイトゥルー)』設立には、オーガニックコスメの
パイオニアメーカー(ラヴェーラ、Dr.ハウシュカ、ロゴナ、ヴェレダ、サンタヴェルデ、プリマヴェーラの6社)が参加しました。




BDIH

bdih_s
ドイツ化粧品医薬品商工業企業連盟(BDIH)による、自然原料や環境保護、動物実験などに関する厳しい基準を定めた自然化粧品認証機関。



Vegan(ヴィーガン)

vegan_s
動物原料使用に反対するイギリスのVegan協会により、配合成分・製造工程で使用する原料に一切動物原料を使用しない化粧品や食料品に付与されるマーク。



COLIPA

uva_s
紫外線A波とB波の防御比率を定めたCOLIPA(欧州トイレタリー香水協会)の基準を満たした製品であることを示します。
ラヴェーラではサンケア製品の日焼け止めラインにUVAマークが付与されています。



OKOTEST

oko
「エコテスト」は製品の効果効用・サービス・環境に対する配慮などを総合的に評価するドイツの民間評価雑誌。
ラヴェーラ製品はこれまで700回以上も優良の評価を受けています。

→ラヴェーラのエコテスト評価履歴(2007年以降)
営業日カレンダー
  • 今月(2017年11月)
          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30    
    翌月(2017年12月)
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31            
    (      発送業務休日)
商品カテゴリー